スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国4県が雨男・雨女を招待するという条例

雨男・雨女ですか・・・、まぁ何というのか、
毎年、夏になると渇水する早明浦ダムあたり、
高知県長岡郡方面に送り込むという案は出ないですかねw


早明浦ダムは「四国のいのち」とも言われるほど、
四国の経済・市民生活に多大な影響があるワケです。


特にうどんは大量の水を消費します。
讃岐うどんだけでなく、
四国全体がみんなうどん食べますからね。


冒頭にも書いたとおり、
思い切って四国4県が雨男・雨女を招待するという、
条例を作るといいかもしれませんwww


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100709-00000003-zdn_mkt-soci

 あなたは雨男・雨女ですか? ウェザーニューズの調査によると、3人に1人は「雨男または雨女」(32.9%)であることが分かった。この結果を都道府県別に見てみると、日本で最も雨男・雨女が多かったのは「和歌山県」(43.7%)、次いで「石川県」(41.3%)、「島根県」(40.0%)と続いた。一方、最も少なかったのは「山形県」(21.4%)、次いで「滋賀県」(25.7%)、「佐賀県」(26.2%)という結果に。

SK-IIサンプル

tag : 雨男 雨女

日本ではほとんど報道されないメキシコ湾原油流出事故

メキシコ湾の原油流出事故で、
台湾企業の大型原油回収船が試験運転を開始したのですが、
ハリケーン「アレックス」がメキシコ北東部を襲いました。


なぜか日本ではほとんど報道されていませんが、
メキシコ湾の被害は甚大なものでしょうし、
アメリカ沿岸部の漁業は壊滅するかもしれません。


今後、襲来するハリケーンによって、
農業への被害も予想されます。
ジャンル違いですが、あまりに心配なので記しときます。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100707-00000003-cnn-int

 メキシコ北東部を襲ったハリケーン「アレックス」の影響で、北東部の2州が洪水などの被害に見舞われ、一部地域が孤立状態になっている。

国営メキシコ通信は、米国と国境を接するタマウリパス州ミゲルアレマン市の市長の話として、国の水源管理機関が付近の住民に通知することなくダム放流を行ったため、河川が増水して住宅や耕作地が浸水の被害を受けたと伝えた。

同市はハリケーンの直撃を受けたわけではないが、河川の流域では住宅や作物が被害を受け、停電して電話もつながらない状態だという。洪水による死者は出ていない。

一方、隣のヌエボレオン州はアレックスの直撃を受け、当局によると約4万人の住民が避難を余儀なくされた。州衛生局は、精神面のケアも含めた緊急対策に乗り出している。

アレックスは6月30日に上陸し、同州でこれまでに6人の死亡が確認されている。

SK-IIお試し

世界の携帯電話ユーザーが50億人

すごい!の一言ですね。
世界の携帯電話ユーザーが50億人になり、
使っていない人は30%しかいないとのこと。


でもって、50億人のうち約4分の1は、
2台以上の携帯電話を持っていて、
携帯電話とスマートフォンの併用をしているのだとか。


どれだけレアメタルが使用されているかはともかく、
個人的なことを言えば、
50億分の一人なんですね、って当たり前かwww


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100705-00000005-rcdc-cn

 2010年7月3日、英フィナンシャル・タイムズによると、このほど英国の携帯電話市場調査会社The Mobile Worldの統計から、最近数日のうちに全世界の携帯電話ユーザー数が50億人に達することがわかった。中国とインドの経済が急速な発展を遂げていること、北米や西欧で2台目の購入が増えていることが原因だとみられる。網易科技が伝えた。

tag : 携帯電話

少子化傾向にあって本離れは深刻な問題かもです

先日、スイングジャーナルが休刊となって、
ジャズファンを落胆させたワケですが、
週刊漫画誌「コミックバンチ」も休刊ですか・・・。


iPADで小説や漫画が読めるらしいですが、
あれが流行って本が無くなることはないと思いますが、
それでも出版業界の落ち込みは相当なものがありますね。


少子化傾向にあって、
なおかつ本離れが進んでいるからなのでしょう。
出版業界にとってだけではない、深刻な問題かもです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100619-00000516-san-ent

 人気漫画「北斗の拳」の過去を描いた「蒼天の拳」などを連載している週刊漫画誌「コミックバンチ」(新潮社発行)が8月27日発売号で休刊することが18日、分かった。

 編集業務を担当している「コアミックス」(東京都武蔵野市)によると、同誌は平成13年に創刊。創刊号は70万部以上を発行して話題を集めたが、日本雑誌協会の統計では、現在14万部前後と低迷していた。

 コアミックスでは秋に新しい漫画誌の創刊を検討しているという。

美白 雪肌精

tag : コミックバンチ 出版業界

7年にも及ぶ「はやぶさ」の旅が終わりました

7年にも及ぶ「はやぶさ」の旅が終わりました。
燃え尽きていく姿を見ているだけで、
胸に迫るものがありました。


打ち上げの時から見ていたので、
最後はウルッとなってしまいました。


やっぱり日本はすごいです。
バンザイ三唱です!
ばんざーい!ヽ(▽ ̄ )乂(  ̄▽)ノ ばんざーい!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100615-00000018-maiall-soci

 はやぶさの旅は「金メダルが何個ももらえる」と言われるほど「世界初」の成果が並ぶ。

 技術面では、往復飛行を実現させた新型電気推進エンジン(イオンエンジン)。長寿命が期待できる半面、性能は劣るため、業界では傍流と考えられていた方式をあえて採用した。結局、1万時間を大きく超える長寿命と必要な推進力を確保できた。レベルの高さに米国が注目、NECはNASAへの技術移転を目指している。

 自律航行システムは、目的地が遠距離の飛行には欠かせない。地球から遠のくほど、指令が届くのに時間がかかる。このためはやぶさは、カメラ画像などの情報を基にどう行動するかを自分で判断した。ロボット技術にも通じ、日本の得意分野が生かされた形だ。

 科学的にもはやぶさは成果を残した。05年9月から約2カ月、イトカワを近距離から隅々まで観測。小惑星をここまで詳細に観測した例は過去になく、観測結果は米科学誌「サイエンス」で特集された。

 さらに大きな成果が期待されるのが、カプセルの「中身」。分析により、太陽系の起源や進化がより詳しく解明できる可能性がある


tag : はやぶさ

お気に入り
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング参加中!
RSSリンクの表示
リンク
RSS登録
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

  • seo
SSLとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。