スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎香蓮の初主演映画「育子からの手紙」を映画館で観よう

宮崎香蓮の初主演映画「育子からの手紙」を、
映画館で観ようと思っています。


宮崎香蓮を初めて知ったのは、
2006年の全日本国民的美少女コンテストで、
演技部門賞を受賞したからではありません。



確かに美少女と呼ぶに相応しいですし、
それなりにチェックもしてた、けどだからといって、
「バッテリー」に出演していたからでもありません。



邪馬台国があった場所を生涯探し続けた宮崎康平と、
盲目の彼を支え続けた妻・和子を描いた映画、
「まぼろしの邪馬台国」を観たからです。


吉永小百合が宮崎和子の役を、
そして宮崎康平は竹中直人が演じていました。


そして「まぼろしの邪馬台国」を観て知ったのが、
宮崎香蓮が宮崎康平の実の孫ということでした。


「まぼろしの邪馬台国」の中で、宮崎香蓮は、
なんと宮崎和子の少女期の役で出演していたのです。


宮崎和子は宮崎康平の妻、つまり宮崎香蓮の祖母です。
実の祖母、祖父を描いた映画に孫が出演する、
この事実を知ったときに、胸の奥が熱くなりました。


映画の演出も素晴らしいと感じましたが、
それよりもっと大きい何か、
人生の演出が素敵だと思いました。



だから宮崎香蓮の初主演映画「育子からの手紙」を、
映画館で観ようと思っているのです。


彼女は祖父と祖母に守られているような気がします。
「まぼろしの邪馬台国」を観て、そう思いました。
そしてかならず素敵な女優になると確信しています。

tag : 宮崎香蓮 映画 育子からの手紙 まぼろしの邪馬台国

コメントの投稿

非公開コメント

お気に入り
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング参加中!
RSSリンクの表示
リンク
RSS登録
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

  • seo
SSLとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。