スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北野武監督の映画「アウトレイジ」がパルムドールを逃す!

北野武監督の映画「アウトレイジ」が、
カンヌ国際映画祭「パルムドール」を獲得するのでは、
との期待が高まっていたのですが、残念!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100524-00000535-reu-ent

 第63回カンヌ国際映画祭の授賞式が23日開かれ、タイのアピチャッポン・ウィーラセタクン監督の「ブンミおじさん」が、最高賞の「パルムドール」に選ばれた。北野武監督の「アウトレイジ」は受賞を逃した。
 「ブンミおじさん」は、余命わずかな男性のもとに、亡くなった妻と行方不明になっていた息子の霊が現れるというストーリー。
 ウィーラセタクン監督は、自国に大きな混乱をもたらした政府と元首相派グループの衝突について「タイは異なるイデオロギーの対立に疲弊しており、何か別に希望のようなものが必要だと思う」と話し、受賞を喜んだ。
 また、審査委員長を務めた米映画監督のティム・バートン氏は、同作品を「美しくて奇妙な夢」のようだと評した。
 パルムドールに次ぐ審査員特別大賞の「グランプリ」には、フランスのグザビエ・ボーボワ監督が手掛けた「男たちと神々」が選ばれた。


帰国後の北野武監督は、パルムドール受賞は無理、
と言っていましたが、残念すぎて言葉出てきません。
とにかく次回に期待したいですね。


tag : 北野武 映画 アウトレイジ カンヌ国際映画祭

コメントの投稿

非公開コメント

お気に入り
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング参加中!
RSSリンクの表示
リンク
RSS登録
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

  • seo
SSLとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。