スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レオナルド・ディカプリオが渡辺謙を国宝とまで持ち上げる

映画「ラストサムライ」で渡辺謙を初めて見ましたが、
確かに素晴らしい役者と思いました。


どちらかというと日本人の役者というより、
ハリウッドが日本を扱う場合、
何となくまだキワもの的な感じがしていました。


けど、渡辺謙は俳優として、
その存在感を際立たせているように思えます。


まぁただレオナルド・ディカプリオが、
渡辺謙を国宝とまで持ち上げるのも、
悪い気はせずとも、言い過ぎのような・・・。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100715-00000037-sanspo-ent

 俳優、渡辺謙(50)が、米俳優、レオナルド・ディカプリオ(35)と共演した23日公開の米映画「インセプション」(クリストファー・ノーラン監督)のLAプレミアに参加し大喝采を浴びた。大役を演じた渡辺は、時間帯が重なった米大リーグのオールスター戦を引き合いに「負けないぐらい実力者がそろった作品」と自信を見せ、レオは「彼を日本の国宝にすべきだ」と絶賛した。


スポンサーサイト

tag : 渡辺謙 レオナルド・ディカプリオ インセプション

アメリカ映画もネタ切れなんでしょうか

「おくりびと」はDVDはあるのですが、
まだ見ていないのですw


本木雅弘は別にどうということはないのですが、
広末涼子がどうにもいただけないのです。
あくまで女優としてですけどね。


何かで一度見たのですが、
とにかく大根だなぁと感じてしまいました。


そして「おくりびと」の予告編で、
広末涼子が出ているのを見て、
やっぱりいただけないと・・・。


まぁそれはいいとして、
アメリカ映画もネタ切れなんでしょうか。
リメイクばかりで、本当につまらなくなりました。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100706-00000011-eiga-movi

 米モーション・ピクチャー・コーポレーション・オブ・アメリカ(MPCA)が、2008年のアカデミー賞外国語映画賞に輝いた滝田洋二郎監督、本木雅弘主演「おくりびと」の米リメイク権を獲得した。ニューヨークを舞台とし、今年中のクランクインを目指すという。出演者は未定。

SKⅡサンプル

tag : おくりびと 広末涼子

ジャッキー・チェンが米ハリウッド進出30周年

ジャッキー・チェンが米ハリウッド進出30周年なんですね。
アクションスターのせいか、
年を感じさせないといっても56歳ですか。

ジャッキー・チェンといえば、
「燃えよドラゴン」などのブルース・リー作品に、
スタントマンとして出たことから俳優人生が始まったはず。

そこから数えると俳優人生は40年以上は経っていて、
あっという間にスターダムにのし上がった感があります。
これからもがんばってもらいたいものです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100618-00000034-sph-ent

 今年、米ハリウッド進出30周年を迎えた香港俳優のジャッキー・チェン(56)が、このほどスポーツ報知の単独インタビューに応じた。19日には最新作「ダブル・ミッション」(ブライアン・レヴァント監督)が公開。引退を決意したCIAの敏腕スパイを演じているが、アクション俳優として現在も活躍するジャッキーは、自身の引退について「全く考えてない」と“生涯現役”を宣言。また、上海万博でのPRソング盗作騒動について、初めて口を開いた。


雪肌精 美白

tag : ジャッキー・チェン

松たか子主演映画「告白」にリメークの依頼殺到で分かること

松たか子の結婚はうまくいっているかどうかは、
まったく興味はありませんが、
主演の映画「告白」の出来には興味がそそられます。



というのもハリウッドからリメークの依頼が、
殺到しているということなのです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100606-00000000-mantan-ent

 女優の松たか子さん主演の映画「告白」(中島哲也監督)が5日公開され、松さんらが参加した舞台あいさつで、ハリウッドの大手製作会社からリメークの依頼が早くも殺到していることが明らかになった。5月の仏カンヌ映画祭のマーケット上映で注目されたもので、中島監督は「リメークするなら、松さんの役はニコール・キッドマンさんに演じてほしい」と指名した。


好意的に考えると、
松たか子主演の映画「告白」の素晴らしさが、
認知されたことでオファーが殺到した。


斜め読みすると、映画の出来はともかくも、
「告白」のシナリオをハリウッドで映画にすれば、
大ヒット間違いなしと考えたのかもしれません。


ただ言えるのは洋の東西を問わず、
イジメ問題が蔓延しているのだろうということは、
分かったような気がします。


tag : 松たか子 映画 告白

映画「ザ・コーヴ」の上映中止の動きと表現の自由

米アカデミー賞を受賞したのは、
長編ドキュメンタリー賞だったのかな?
映画「ザ・コーヴ」の上映中止の動きが広がってます。


表現の自由の萎縮が懸念されているようですが、
日本を貶めるための政治的な意図を持って、
作られた映画であると思っています。


当然、上映されても観るつもりもありませんが、
フリージャーナリストの綿井健陽とやらは、
ぜひ和歌山県太地町の漁業関係者の前で、
表現の自由の萎縮についてをレクチャーしてもらいたいものです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100604-00000104-mai-soci

 和歌山県太地町のイルカ漁を批判的に取り上げた米ドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」(ルイ・シホヨス監督)の上映中止問題で4日、東京と大阪の2館も中止を決め、東京都内での上映館はなくなった。2年前にドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」の上映中止が相次いだ際は、街宣活動実施後に中止が決定されたが、今回は抗議活動の予告だけで中止の動きが広がり、表現の自由の萎縮(いしゅく)を懸念する声が上がっている。

 「反日映画の上映は許せない。中止を求める」。今年3月、ザ・コーヴの配給会社「アンプラグド」(東京都目黒区)に、ある団体から電話が入った。この団体は、首相の靖国神社参拝を求める活動などをしている。電話は、米アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞した時期に重なる。

 4月になると、社長の自宅前や事務所の周辺でマイクを使った抗議活動が早朝から行われるなど、抗議活動がエスカレート。同社は抗議活動の中止を求める仮処分を東京地裁に申請し、認められた。

 ただ、最近までは東京や大阪などの全26館での上映方針に変更はなかった。中止のきっかけは、この団体がホームページで今月2日、上映を予定していた「シアターN渋谷」や同館を運営する出版取り次ぎの日本出版販売(東京都千代田区)に対する街頭宣伝や抗議活動の実施を予告したことだった。3日に中止を決めた同社は「観客や近隣への迷惑がかかる可能性があり、上映を中止した」と理由を話す。

 また、4日に中止を決めた東京の「シネマート六本木」と大阪の「シネマート心斎橋」を巡っては、両館を運営する「エスピーオー」の関連会社に対し、5日に街宣活動するとの予告があった。エ社は「関係各所に迷惑をかける可能性があるため」と中止を決めた。関係者は「自宅への抗議が中止の大きな要因になった」と明かす。

 フリージャーナリストの綿井健陽さんは「こんなに簡単に中止が決まっていいのか。『面倒な映画の上映はやめておこう』という萎縮を生みかねず影響は大きい。上映を待ち望んでいる人もいるという声を関係者に伝えることが重要だ」と指摘する。

 シホヨス監督は4日、「一部の過激な人たちが東京の映画館を脅かしていることを知り大変残念だ」とのコメントを発表した。



tag : ザ・コーヴ 映画 アカデミー賞

お気に入り
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング参加中!
RSSリンクの表示
リンク
RSS登録
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

  • seo
SSLとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。